単身での引越しや近場への引越の場合、引越業者に頼まず、何とか自力で引越することで引越し費用を安く抑えようと考える人も少なくないでしょう。

  • 自分で車を出す場合
  • 友達に車を出してもらう場合
  • レンタカーを借りる場合

と、荷物を運ぶ車を誰が出すのかに違いはあるものの、引越業者に頼らず、自分や知人だけの力で引っ越しを終わらせることをいいます。

一見すると、一人暮らしをしている学生や独身者の場合、荷物も少ないので、自力での引越しをした方が、費用を抑えることができそうなこともあり、メリットが大きいのではないかと感じますよね。

結論から言うと、プロの引越業者抜きで引越するのは本当に大変なので、絶対におすすめできません。

自分たちで運べる荷物は自分たちで運び、家具など大きな荷物はプロの引っ越し業者に依頼するというのが、もっともおすすめになります。

自力引越しのメリット

自力引越しのメリットですが、ご存知の通り、費用を最小限に安く抑えることができることでしょう。

自分で車を持っている場合は、ガソリン代だけですし、知人に車を出してもらう場合でも、知人への謝礼だけですみます。

また、引越業者に依頼する場合、引越の日時を調整する必要がありますが、自力で引越する場合、自分や引越を手伝ってくれる周りの友達の都合の良い日であればいつでも引越をすることができます。

ただし、後述の通り、結果的にコストが割高になってしまう可能性があるため、全ての引っ越しを自分たちだけで済ませてしまうのには、十分注意をする必要があります。

自力引越しのデメリット

まず、自分たちだけの引越のデメリットですが、中長距離の引越には全く向いていません。

また、しょせん引越に関しては素人集団ですので、荷物の破損、紛失のリスクがあるだけでなく、引越し作業中、旧居や新居の床や壁を傷つけてしまう危険性もあります。

そうなれば、修理代を請求される可能性もあるため、かえって割高になってしまうというわけです。

また、仲の良い知人に頼むとはいえ、謝礼は必要になります。

そもそも謝礼をいくら払えばいいのか相場もありませんし、安い謝礼で済ませることで、相手を不快にしてしまう可能性もあります。

知人とは言え、他人に借りを作りたくという方や、そういうことに気を使うのがあまり好きではない方は、知人に頼まず、業者に頼んだ方が気持ちも楽ですね。

費用を抑えるために引越業者に依頼する荷物を絞り込もう!

もっともおすすめなのが、自分で運べる荷物だけ自分で運び、引越業者でしか運べない荷物については、引越業者に依頼するという選択肢です。

引越業者の見積り費用は、荷物の多さや重さに比例して高くなるため、極力引越業者に運搬してもらう荷物の量を減らすことで、安く抑えることが可能になります。

あとは、必ず「引越し一括見積もりサービス」を活用することで、一番安い引っ越し業者に依頼することを忘れないようにしてください。