引越しの料金は、これ以上安くならないと諦めていませんか?

実際、学生のころアルバイトで引越しの仕事に携わっていましたが、「引越しにある程度お金がかかるのはしょうがない」と受け入れている方が非常に多いです。

そのため、引越し業者が提示した見積りを受け入れて言い値で契約を結ぶ人がほとんどなんですよね。

ですが、それではお金がもったいないです(笑)

後述しますが、引越し費用は安く値切ることが可能です。

どんなサービスでもそうですが、最初の見積りの段階から、利益カツカツの低料金を提示するような業者はまずいません。

そんなこと慈善事業を繰り返していたら、引越し会社だってすぐ倒産してしまいますからね。

そんなわけで、知らない人も多い「引越し費用を値切るコツ」について書いてみたいと思います。

一社にだけ見積り依頼をしない

値切るというのは、何もあなた自身が営業マンに対して値引き交渉するということではありません。

その引越し業者の、一般的な見積り価格水準よりも安い料金で引越し契約を結ぶことが目的です。

どんなサービスでも、利用料金を値切るには、一社でも多くの見積りをもらうことが最重要になります。

引越しの場合、多くの引越し業者に見積りをもらうということですね。

そのための一番おすすめな方法が、「引っ越し費用一括見積もりサービス」を利用する方法です。

一括見積サイトに登録すると(もちろん無料です)複数の優良な大手の引越し業者から見積りをもらうことができます。

その中から、もっとも割安な引越しプランを提案してくれた引越し業者に依頼すればいいだけなので、とても簡単ですね。

おすすめの「引っ越し費用一括見積もりサービス」

  1. 引越し価格ガイド

    引越し価格ガイド

    引越し費用を安くすませたいのであれば、引越し価格ガイドに登録して活用することが最もおすすめです。
    引越し価格ガイドは、提携している引っ越し業者が200社を超えているのが大きな特徴です。
    それだけ、多くの業者を比較できるため、自分に合った引っ越し業者を見つけられる可能性が高くなります。
    また、提携業者の中に「ヤマト運輸」が含まれていることも注目に値するでしょう。
    「引越し価格ガイド」は、今もっともおすすめできる、引っ越し費用一括見積もりサービスになります。

  2. HOME’S引越し

    HOME’S引越し

    安く引っ越し費用を抑えたいのであれば、「HOME’S引越し見積もりサービス」もおすすめのサービスです。
    HOME’S引越し見積もりサービスは 日本最大級の不動産情報サイト「HOME’S」が運営している引越し一括見積もりサイトです。
    100社を超える提携引越し業者の中から、簡単な入力で無料で一括で見積もりがとれ、「一番お得な引越し会社」を選ぶことができます。
    安心と信頼の大手「HOME’S」が提供しているサービスなので、ご家族や女性にも安心してご利用いただけ引越し一括見積サービスだと思います。

  3. ズバット引越し比較

    ズバット引越し比較

    「ズバット引越し」も割安な引越し見積りを業者からもらうためには、おすすめのサービスです。
    ズバット引越しは、提携引越し業者数も200社を超える、引っ越し料金一括見積サービスです。
    提携業者数が多いところは、「引越し価格ガイド」に似てるため、多くの引越し業者から見積りがもらいたい人は、「引越し価格ガイド」と「ズバット引越し比較」のいずれかに登録すると良いでしょう。
    フォームへの入力も簡単なので、スマートフォンからでも簡単に入力することができます。

  4. 引っ越し侍

    引っ越し侍

    上記に3つの引越し一括見積サービスを紹介してきましたが、その中でも引越し侍がもっとも世間的な認知度は高いかもしれません。

    引っ越し侍は、190社以上の登録引越し業者の中から、最大10社まで一括で見積りを取ることができる、無料一括見積りサイトです。
    自社の満足度調査によると、95%以上の利用者から「また利用したい」との声があったことから、多くの方から愛されているサービスであることがわかると思います。

    引越し費用だけでなく、各引越し業者のサービス内容も比較できるところも「引越し侍」のサービスの特徴になります。

以上、4つの「引っ越し費用一括見積もりサービス」を紹介しましたが、どのサービスも使い勝手が良いので、安く引っ越ししたいのであれば、活用しないともったいないサービスになります。

引越し費用を値切るコツとしては、「引っ越し費用一括見積もりサービス」を利用し、多くの見積りをもらうことで、結果的に業者から割安な見積りをもらうというところが最大のポイントになってきます。