引越しの際、どうしても出てしまうのが、粗大ゴミなどの不用品です。

粗大ゴミは引越日までに処分する必要があるため、引っ越し直前に処分しようとしても、間に合わない危険性があります。

そこで、ここでは粗大ごみや不用品を処分する方法をいくつかリストアップし、その中でもとくにお勧めな処分方法をご紹介したいと思います。

手間かけずに処分したいのであれば「自治体で処分」か「業者に依頼」の2択

引越しの前後はとにかく、時間との戦いで余裕がありません。

特に「社会人の単身引越し」や「育児をしながらの引越し」の場合、面倒なことは極力避けたいと思うのも当然でしょう。

このように、できるだけ手間かけずに、楽に粗大ごみや不用品を処分したいのであれば

  1. 自治体の粗大ゴミ受け付けセンターに回収依頼する
  2. 不用品回収業者に処分してもらう
  3. 引越業者に処分してもらう

のいずれかの方法で処分するのが良いと思います。

安く済ませたいのであれば、1の「自治体の粗大ゴミ受け付けセンター」を利用するのがもっともおすすめですね。

オークションやリサイクルショップで売ることで小金を手に入れる選択肢もあるがデメリットも多い

こちらからしたら粗大ゴミであっても、欲しい人から見たら立派な売り物になります。

そんな時便利なのが、ヤフオクなどのオークションサイトや、ハードオフ(HARD OFF)などの中古リサイクルショップの活用です。

様々な媒体を利用して不用品を売ることで小金を手に入れることも可能です。

その売却代金を、わずかながらでも引越し費用に充てることができたら、結果的に引っ越し費用を安く抑えることができますよね。

ただ、オークションやリサイクルの場合、納得のいく取引をするためには、それなりに時間を要しますから、引越し日までに売却できるように余裕をもってスケジュールを立てる必要がありますし、トラブルに巻き込まれる可能性も少なくありません。

オークションは、お互い知らない人間同士が取引するため、こちらがいくら丁寧に取引したとしても、「思った商品と違った」と相手側から文句を付けられることも結構あります。

万が一、キャンセル&返品などされてしまうと、引越日までに不用品の処分が間に合わない可能性も大いにあり得ます。

オークションやリサイクルショップで売ることで小金を手に入れる選択肢もありますが、デメリットも多いということを覚えて置いた方が良いです。

粗大ゴミ受け付けセンターに粗大ゴミを引き取ってもらう流れのおさらい

おそらく、引越しの粗大ゴミや不用品を処分する方法として、粗大ゴミ受け付けセンターに処分を依頼する人が多いのではないかと思っています。

そこでご存知の方も多いと思いますが、「粗大ゴミ受け付けセンターに粗大ゴミを引き取ってもらう流れ」について今一度おさらいしてみたいと思います。


  • 粗大ゴミ受け付けセンターに電話する
    まずはお住まいの自治体の「粗大ゴミ受け付けセンター」の電話番号に電話をします。粗大ごみを引き取ってもらう日にちの調整をします。自治体によってはインターネットでの受付が可能なところもあるので、申し込みやすい方で問題ないと思います。いろいろ質問がある人は電話で申し込んだ方が良いかもしれません。
  • 粗大ごみのシールを購入する
    粗大ごみの種類に応じたシールを購入する必要があります。粗大ごみAは200円のシール、粗大ごみBは500円のシールなどあらかじめシールの値段は決まっているので、お住まいの自治体の粗大ごみシールの価格表をチェックし、指定のシールを購入しましょう。
    通常、電話で申込する際にオペレーターが「粗大ごみシールの種類(値段)」を教えててくれます。
  • シールを粗大ごみに貼り回収日までに指定の回収所に持参する
    指定のシールを粗大ゴミに貼ったら、オペレーターから指定のあったゴミ回収所に、回収日に間に合うように運び出しましょう。指定のシールが貼っていなかったり、ゴミの運び出しが回収日に間に合わなかったりした場合、粗大ごみは回収されませんので、十分に注意する必要があります。

以上、引越しの粗大ゴミや不用品を処分するベストな方法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。