引越しする時、「少しでも安く引越したい!」って思いますよね。

少しでも引越し費用を安く抑えたいのであれば、下記に紹介している「引越し費用一括見積もりサービス」を利用するのがもっともおすすめです。

引越し条件を入力することで、多くの優良な引越し業者から引越し費用の見積もりをもらうことができます。

同じ条件でも、業者によって引越費用の最安値と最高値の差が「倍以上」開く場合もあるため、見積もりを比較して、もっとも安く引き受けてくれた業者に引越しを依頼するのが、安く引越し費用を抑えるためにもっとも重要なポイントになります。

おすすめの「引越費用一括見積りサービス」

  1. 引越し価格ガイド

    引越し価格ガイド

    引越し価格ガイドは、提携している引っ越し業者が200社を超えているのが大きな特徴です。
    それだけ、多くの業者を比較できるため、自分に合った引っ越し業者を見つけられる可能性が高くなります。
    また、提携業者の中に「ヤマト運輸」が含まれていることも注目に値するでしょう。
    「引越し価格ガイド」は、今もっともおすすめできる、引っ越し費用一括見積もりサービスになります。

  2. HOME’S引越し

    HOME’S引越し

    HOME’S引越し見積もりサービスは 日本最大級の不動産情報サイト「HOME’S」が運営している引越し一括見積もりサイトです。
    100社を超える提携引越し業者の中から、簡単な入力で無料で一括で見積もりがとれ、「一番お得な引越し会社」を選ぶことができます。
    安心と信頼の大手「HOME’S」が提供しているサービスなので、ご家族や女性にも安心してご利用いただけ引越し一括見積サービスだと思います。

  3. ズバット引越し比較

    ズバット引越し比較

    ズバット引越しは、提携引越し業者数も200社を超える、引っ越し料金一括見積サービスです。
    提携業者数が多いところは、「引越し価格ガイド」に似てるため、多くの引越し業者から見積りがもらいたい人は、「引越し価格ガイド」と「ズバット引越し比較」のいずれかに登録すると良いでしょう。
    フォームへの入力も簡単なので、スマートフォンからでも簡単に入力することができます。

  4. 引っ越し侍

    引っ越し侍

    引っ越し侍は、190社以上の登録引越し業者の中から、最大10社まで一括で見積りを取ることができる、無料一括見積りサイトです。
    自社の満足度調査によると、95%以上の利用者から「また利用したい」との声があったことから、多くの方から愛されているサービスであることがわかると思います。

    引越し費用だけでなく、各引越し業者のサービス内容も比較できるところも「引越し侍」のサービスの特徴になります。

実は引っ越し費用の相場というのはないようなもので、どの引っ越し業者も「他社よりも少し安くしますよ」というスタンスを取っているため、「どこよりも格安な引っ越し業者」というのは存在しません。

そのため、上記のサービスで引っ越し費用を比較することで、一番リーズナブルな引っ越し業者を選ぶことができるということになります。

安く引っ越ししたいときにすべきことのまとめ

安く引っ越ししたいのであれば、できるだけやった方が良いこと、また逆にやらない方が良いことがいくつかあります。

その代表的な点についてご紹介したいと思います。

  1. 一つの引っ越し業者だけを相手にしない
    これは安く引っ越ししたいのであれば絶対にやってはいけません!引っ越しの料金に相場なんてありませんから、足元を見られながらの価格交渉になることは間違いありません。
    必ずいくつかの引っ越し業者から見積もり(査定)をもらった後で、自分の納得できる料金を提示してくれた引っ越し業者に依頼しましょう。
  2. 荷物の量(段ボールの数)を可能な限り減らす
    引っ越しは運ぶ荷物の量や重さによって引っ越し料金は大きく変わってきます。引越し先で必要となる物以外は、引っ越し前に処分してしまった方が引っ越し費用を安く抑えることができます。
  3. 引っ越しの繁忙期を極力避ける
    引越し業者のトラックは、1台につき1日3回程(朝、昼、夕方)が上限になります。そのため引越の需要が多い(繁忙期である)1月~3月は他の時期と比べると2割程度割高になるケースが多いです。
    引越の時期を調整することができるのであれば、1月~3月の繁忙期を避けるのも正しい選択肢といえると思います。
  4. 土日祝祭日や月末月初を避ける
    傾向としては、平日のほうが土日祝日よりも引っ越し料金が割安な場合が多いです。

大事なことは、これらのいくつかを組み合わせて、少しでも安く引っ越し費用を抑えることです。

中でも、誰でも簡単にできることとして大事なのが、「引っ越し費用一括見積もりサービス」を活用して引っ越し費用を安くする方法です。

特に、提携している引っ越し業者の多い「引越し価格ガイド」と幅広い引越しのニーズに柔軟に対応している「HOME’S引越し」の2つは、同時に登録することをおすすめします。

その中から、自分の引越しに最もマッチしていて、引っ越し料金がリーズナブルな業者に引越しを依頼するのが良いでしょう。

信頼できる引っ越し業者の見分け方

確かに、引っ越し料金は安いにこしたことはありませんが、その中でも親身になって引越しの相談に乗ってくれるような信頼のおける引っ越し業者にお願いすべきです。

信頼のおけない引越し業者に、私たちの大事な荷物を預けるわけにはいきません。

そんなわけで、良い業者の見分け方について、ポイントをいくつかご紹介したいと思います。


  1. 国から認可をもらってる正式な運送業者かどうか
    いくら引っ越し費用が安くても、運送業者としての正式な免許を持っていない業者を選ぶべきではありません。
    国土交通省からの認可を受けた正式な免許を持つ引越し業者の場合、ナンバープレートが緑のトラックで業務を行っているので、まずはそうした運送業者を選ぶと安心です。
  2. 国から認可をもらってる正式な運送業者かどうか
    いくら引っ越し費用が安くても、

なぜ引越し業者によって引越費用の見積り金額が変わるのか

「引っ越し費用一括見積もりサービス」を活用することで、複数の引越し業者から見積もりをもらい、その中でも一番安い引越し業者に依頼するのが安くすませるポイントだというお話をしました。

でも、そもそもなぜ引越し業者によって、引越し費用の見積もり金額が変わってくるのでしょうか?

それは、引っ越し業者によって、引越し料金を算出する基準が異なるからです。

例えば、長距離の引っ越しが得意な業者であれば、長距離の引越になっても、他の業者よりも引越し費用が大幅に上昇しない場合がありますし、大型車が多い引っ越し業者であれば、荷物の量が多くなっても、他の業者よりも引越し費用が大幅に上昇しない場合もあります。

引っ越し業者によって特徴や強みはそれぞれ変わってきますが、私たち引越をする側からすれば、それぞれの業者の特徴を詳しく知る必要はありません。

大事なことは、「引っ越し費用一括見積もりサービス」を活用すること。

自分の引越のパターンだと、どの引越業者が安いのかが一目でわかるからです。

引越し業者によって、引越費用が倍以上安くなることもあるので、必ず「引っ越し費用一括見積もりサービス」を使って見積り比較するのが大事になってきます。